読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまま。

娘ちゃんの生まれ持ったきらきらしたものが、どうか削ぎ落とされていませんように。

 

そのままで完全な子どもたち。

どうか、そのままきらきらと、そのままが守られる世界でありますように。

裏返し。

新生活が慣れなくてもがく娘ちゃんとそれをフォローしつつも、精一杯の日々で泣きそうな母、わたし。

 

仕事に行ってくると言いに、まだ寝てる夫さんを見に行ったら、何故かきれいに掛け布団が裏返っててそれを裏返ってるなんて全く気が付いてないようにぐっすり寝てた。

 

それ見て、何でこうなった!?って思ったら、

ぷっ。ギャハハハ-!

と笑えた。  

 

今日も頑張れそうだ-。

 

ありがとう、夫さん。

 

 

 

大丈夫じゃない

大丈夫じゃないのに、大丈夫と思いこんで大丈夫って言ってたら、 

みんなに大丈夫じゃなさそうだね、と言われて、

糸切れたように涙が溢れてくる。

 

 

そう、

大丈夫じゃなかったのだ。

 

でもちょっと涙もろいのは、月の満ち欠けのせいにしてみたりして、

 

笑顔で「おかえり」って両手広げて待つんだ。

ラベンダー。

最近、パフュームのTokyo girl という歌がお気に入りの娘ちゃん。

 

大好きな歌は、耳コピで歌えるようになるまでリピートリピート。

 

で、TOKYO girl の歌詞もすらすら覚えてうたってるんだけど、、、

 

サビの終わりの方の

 

♬奏でるわ~

 

のところを

 

♬ラベンダー

 

って歌う娘ちゃん。

 

そして、とてもとても実は

♬ラベンダー

に聞こえるのです。

 

もう、私も

♬ラベンダー って歌っちゃうぞー!

 

 

個としての存在。

私は昔から魚介類が苦手

玉子もおでんの以外出来たら食べたくない

 

娘ちゃんは、魚が大好き

玉子もだーいすき

 

私から生まれたけれど、

分身とかじゃなくて

小さいけど

 

ちゃんと自分の 個 を持って

生まれて来てくれたんだなぁ、と想う日々。

あした。

ちょっと前の夜、眠る前に

 

あしたって

あしたになったら

あしたなん?

 

早口言葉みたいな質問。

 

きっと、

 

明日、でも眠ったら今日になっちゃう

みたいな不思議な感覚に気付いたんかな、

なんて想いながら。

 

 

そうだよ。

 

とだけ答えて頭を撫でる。

 

 

科学者。

娘ちゃんの疑問は耐えない。

 

ねぇ、何で離れてるのに電話で話が出来るの?

 

信号機は誰が色を変えてるの?

 

雪は何で白いの?

 

舌の中には何があるの?

 

等々。

 

知人に話したら、

 

見えないモノを見ようするって

科学者ですねー!

 

って。

 

科学者になった娘ちゃんを想像してみる。

 

悪くない 笑

 

 

そう、まぁ、娘ちゃんが幸せならそれでいいのだ。